恋愛全般

恋愛で使う英語スラング「プロジェクティング Projecting」の意味

恋愛で使う英語スラング「プロジェクティング Projecting」の意味

アメリカの恋愛映画で、草食系の男性主人公のトムが、ちょっぴり魔性の女でもあるサマーに振り回される淡い恋愛模様を描いた『(500日)のサマー』。

この作品で、サマーのトムに対する態度や結末について、作品を観たひとが「許せない」とツイート。

このツイートに、トムを演じた主演のジョセフ・ゴードン自らが、「もう一度見てよ。ほとんどトムのせいだから。彼はプロジェクティング(projecting)だ。聞く耳を持たないし、ワガママだし。最後に成長してくれてよかったよ」とファンのツイートを引用して返信します。

ここでジョセフ・ゴードンが使う「プロジェクティング(projecting)」とは、恋愛用語として使われるスラングで、「自分の悪い部分についてむしろ相手がそうであるように見せたり、自分のネガティブな感情を相手に押しつけて自分を哀れに見せること」を意味します。

確かに、こういうひともいるのではないでしょうか。

自分自身の悪い面や不安感なのにもかかわらず、まるで相手のほうがそうだというように見せかけたり、自分のマイナスな感情を散々伝えることで自分を哀れな存在に見せようとする。

もともとprojectには「計画」の他に「投影」や「声を張り上げて遠くまで聞こえるようにする」といった意味もあるので、この辺りから来たニュアンスなのかもしれません。

どうやら英語では恋愛用語として以外にも、より広い範囲で、「You’er projecting」という言い方をすることがあるようです。

英語ネイティブの方が、この意味について次のように解説しています。

It means that you are accusing someone of characteristics which you have yourself.

For instance, when people criticise others for gaining weight, they might be projecting their worries about their own weight gain onto others.

出典 : Hi Native「You’re plojecting」の意味とは

自分自身が持っている特徴について、相手を非難すること。

たとえば、他のひとを太りすぎだと非難するとき、それは自分自身が太っている心配や不安を抱えていることゆえの投影かもしれません。

ざっくり言うと、こんな意味合いでしょうか。

自分自身にプロジェクティングな傾向があるかどうか、もし誰かのことが嫌だったり攻撃的になった際には、いったん落ち着いてから見つめ直してみるのもよいかもしれません。