リスロマンティック

中学生の頃のリスロマンティックの体験談

中学生の頃のリスロマンティックの体験談

この記事では、僕が中学生だった頃の自身の「リスロマンティック」の体験談を紹介したいと思います。

この体験談は、今から10年以上も昔のことで、当時は「リスロマンティック」という言葉はありませんでした。でも、今振り返ってみると、あれはそういうことだったのかな、と思います。

中学生の頃、僕には同い年の女子でずっと好きだった子がいました。

家も近所で、同じ小学校から中学校に通い、少しロングヘアーの真面目で優しい女の子。クラスが一緒で席が近かったときの些細な会話をきっかけに、彼女の笑顔やしぐさを意識するようになりました。

その頃の僕は、中学生と言えどまだまだ子供で、その女の子と付き合いたいとか性的な関係を持ちたい、といった欲求もなく、ただただ「好き」でいることが幸せで、彼女が他の男子と話していると嫉妬したり(もちろん本人には言いませんが)、友人づてで「お前のことが好きらしいよ」と噂を耳にしては一喜一憂。特に自覚していたわけではありませんが、「こんな日々が一生続けばいいな」と思っていたのかもしれません。

何かを手に入れる、ということではなく、好きだなあと思ったり、ちょっとした駆け引きがあったり、嫉妬したり、不安になったり、席替えのたびに胸が高鳴ったり、僕にとっては「それ」が恋愛の全てでした。

しかし、その調和はあるとき揺さぶられ、崩れていきます。

冬のある日のこと、彼女が、僕のことを「好き」だと告白してくれたのです。本来なら、それは幸せの絶頂のはず。確かに、僕も一瞬嬉しかったものの、告白を受けた途端に怖くなっていきました。

ドリカムの曲に、「好きだけじゃだめなんだ」という歌がありましたが、あの歌とはちょっと意味は違うものの、まさに「好きだけじゃだめなんだ」ということを突きつけられた日でした。

DREAMS COME TRUE『好きだけじゃだめなんだ』

結局、僕はその告白から逃げました。僕が彼女のことを好きだということも彼女は知っていたでしょうし、もしかしたら両思いで付き合えると信じて告白してくれたのかもしれません。

でも、僕はその申し出を断りました。

告白で僕も混乱しましたが、彼女も混乱したと思います。彼女とは、それから10年近く話すことはありませんでした。成人を過ぎてから、同窓会で会ったときに、普通に話せてほっとしたのを覚えています。

彼女の告白によって僕の気持ちが「冷めた」というよりも、夢から「覚めた」という感覚に近いかもしれません。現実を突きつけられ、「彼女を好き」という感情以前に「好き」そのものが遠いものになりました。

そのときの感覚や、感情の理由はうまく言葉で表現できませんが、「好きであること」は、その先の目的がなければいけないのだ、という「大人の恋愛」が当時の僕にとっては重くのしかかってきました。

“好きで、両想いで、嬉しい”、というだけでは駄目なのだ、ということ。

付き合ったり、触れ合ったり、デートを重ねたり、記念日を祝ったり、喧嘩したり、そして、その先には結婚があって、家庭を築く。

その「目的」のための、その「ゴール」のための、始まりとしての「好き」でなければいけない、と思うと、急速に「好き」という感情が持てなくなっていきました。

また、それは僕が、恋愛に対してプラトニックで無垢なものを求めすぎた、というのもあるでしょう。

よくリスロマンティックでは、二次元アニメのように「想像の世界」で相手のことを好きであることと「現実」とのギャップで拒絶反応が生まれる、ということも原因となりうると言われています。

僕の当時の心理を探ってみると、ちょっと複雑なのですが、僕自身が彼女のことを二次元のようにアイドル的に好きで、「現実」になった瞬間、気持ちが冷めた、という見方もできる一方で、彼女が僕のことや僕と付き合うことを理想の世界のように見ていて、彼女の語る「僕」(「あなたは、◯◯で◯◯なひとだから好き」「あなたと一緒に◯◯や◯◯に行きたい))が、僕とは遠くかけ離れた、まるで理想化された人形や幻想の世界であるように感じたことへの拒否感も、この「冷める」原因として確かに存在していました。

僕自身の理想と現実の落差というだけでなく、彼女の理想と僕自身が知っている「僕」の現実との落差にも抵抗感を覚えたのです。

いずれにせよ、僕は耐え難くなって彼女の想いから逃げました。

僕が“逃げた”日からまもなく、彼女は髪をばっさりと切り、そして年上の高校生と付き合った、と風の噂で聞きました。本当かどうかは分かりませんが、ただ、傷つけてしまったな、という後悔もあり、余計に「好き」が怖くなりました。

それから数年して、克服したと言えるかどうかわかりませんが、徐々に「好き」という感情自体は(将来を見据えた「好き」には未だに馴染めませんし、未来を想像すると怖いことには変わりありませんが…)戻ってきました。

恋愛というのは「普通」からの逸脱なので、「普通」の恋愛、というのは矛盾のように思いますし、「克服」というのもおこがましいですが、仮にリスロマンティックの克服法を自分の経験に照らし合わせて説明するとすれば、いきなり美しい「完全」を求めないことが大切なのかな、と思います。

恋愛のゴールは、「結果」より「過程」に。これはどんな勉強やスポーツでもそうで、だから、もしリスロマンティックや、あるいは「蛙化現象」に悩んでいる場合は、今は恋愛からいったん離れたほうがいいかもしれません。そして、趣味など何か別のことに没頭したり、新しいことを始めてみて、結果よりも「積み上げていくこと」そのものを大切にする時間を持ったほうがいいと思います。

そしたらきっと人間同士の関係性も、恋愛も、小さな過程が大事なんだと思えるようになります。

そうして未熟者同士、お互いに傷つきながら、一歩ずつ二人だけの関係性を築いていく、その道程がなによりも尊いことだという風に思えたら、リスロマンティックも薄まっていくでしょう。